2012年08月14日

JETTBLACK "Raining Rock"

こんちは。くろめがねです。ハードロックとヘビーメタル専門ブログの「音楽と生活」へようこそ。

さて、本日ご紹介するのはイギリスの新人メタルバンド、JETTBLACK。

メタルなんだが、かなりハードロックよりな感じ。かなり骨太なロックンロールが根っこにあるような感じだ。

ベースラインのうねり具合がオレ好み。

ギターはなかなかテクニカルでメタリックで今風ではあったりするので、このサウンドの骨太で本格的な印象を与えているのはきっとガッチリしたリズム隊なんだろうきっと。

そしてこのバンド、ボーカルの声が好きだ。少しハスキーで、ちょっとEUROPEのジョーイ・テンペーストや、CINDERELLAのトム・キーファーとか、或いは初期のボン・ジョビに似てるかな。時々、デビッド・カバーデールに似てるとこもある。曲によってはW.A.S.P.のブラッキー・ローレスを思わせたりもする。いったい、どんなボーカルやねん!?って感じだけど、なんか、そういうしゃがれた声なのよつまり。このボーカルには歌いまわしにちょっとブルース風味が感じられるんだ。声を絞り出すような感じというか。好きだなこのボーカル。

それと、曲の構成がシンプルなのもいいな。あんまり曲をこねくり回したりしていない。基本的にはリズム隊のグルーブと、リフと歌のメロディで勝負の楽曲だ。オレはメロスピとかも好きだけど、でもロックの基本はシンプルが一番だと思う。例えて言うなら、初期から中期にかけてのハードロック時代のゲイリー・ムーアの曲のような。ゲイリーの曲って、シンプルだったと思うのだ。レインボーとか、マイケル・シェンカーの曲と違って。

レインボーって、案外、ギターリフって曲の中心ではなくって、印象に残るメロディではあるんだけど、歌が始まるとリッチーほとんど弾いてなかったりして。ベースとドラムとキーボードがバッキングしてて、ギターは要所要所でちょろちょろオブリガート差し挟んでるイメージあって。で、シェンカーは逆にリフ命で、とにかくリフで構成してくるし、歌のバックでもとにかくリフが鳴ってるイメージがある。

ゲイリー・ムーアの場合、リフはリフであるんだが、シェンカーほどリフ命ではない。どちらかというとリフはリフでもリッチーに近くて、印象的なメロディーをテーマとして弾いてるような感じだ。そしてキーボードへの依存がない分、ロックンロール的なイメージがあるんだと思う。

で、話しは戻ってJETBLACKだが、彼らの曲にはどこか、RATTを思い出させるものもある。なんだか、いろんなバンドを連想させるのだな彼らは。とはいえそれはSTEEL PANTHERほど露骨ではない。いろんな要素をもっているのだと好意的に受けとめよう。

なにしろ、JETTBLACKというバンドは本格派な雰囲気をまとっているんだ。このバンドの骨太な感じはいかしている!
 
 
ラベル:JETTBLACK Raining Rock
posted by くろめがね at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。