2012年07月17日

BLUE MURDER "Blue Murder"

本当のエモーションを聴きたいなら”Bule Murder"を聴け。

エモーションが詰まっている。

ジョン・サイクスの作曲能力が思いっきり発揮されている。

このアルバムにはエモーションがある。魂を鷲づかみにするような。

ボーカルが素晴しいと思う。実にだ。

そしてこのアルバムの6曲目、"Out Of Love"に泣け。

名曲だ。

この曲はこのアルバムを代表する。いや、ジョン・サイクスのキャリアを代表する名曲だ。

この曲を、心の底から歌いきれるなら死んでもいいと思えるほどに狂おしい曲だ。この曲を愛することができる自分の事を誇りに思う。

エモーションの何たるかを教えてくれる曲。

この曲を、オリジナルを越えるくらいのリアリティで歌ってみたいものだ。エモーショナルなのだ。

アルバムの出来もよい。

だが、"Out Of Love"という曲の胸をかきむしる度はハンパではない。

一時期のジョン・サイクスは、確かにミューズに愛されていたのだろう。神に近い存在だったのに違いない。

ブルーマーダーは真によい作品である。

音楽の神はいるのだと確信させるような音である。
 
 
サイクスの後の作品には、これ程の神懸かりはついにない。
 
 


ラベル:Blue Murder Jhon Sykes
posted by くろめがね at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。