2010年08月18日

CRAZY LIXX "New Religion"

こんにちは。毎度毎度のくろめがねです。ヘビーメタル専門ブログへようこそ。

本日のお題は、CRAZY LIXX。スウェーデンのバンドだそうですが、見事なまでに80年代のLAメタルを再現している。この音楽の雰囲気は、まごうことなき80年代サウンドです。

ある意味懐かしい。ひとつの型にはまったサウンドといえるかもしれない。その意味では、HINDER、STEADLUR、COWBOY PROSTITUTE、TAKING DAWN、WIG WAM、STEEL PANTHER、らといった80年代回帰バンドと共通するものを感じます。

こいつらのサウンドを聴いていると、若干、なんだか甘酸っぱい気持ちになったりもする。それは過ぎ去った過去への懐かしさかもしれません。

しかし音楽というものはいつだって現在進行形であるもの。音のフォーマットは懐かしのあの音であるけれども、決して古臭いとは感じない。それはやっぱり、この音をプレイする彼らのパッションがそうさせるのだと思う。やりたいことをやっているものだけが発するエナジー。つまりは彼らはこういう音が好きなんだろうという。

そしてオレもまた、こういう音が好きなんだからという。それだからこそ、オレはこの音に反応するのだろう。

ある意味では、散々やりつくされた音のフォーマットだ。LAメタルの当時に。当時、たくさんのバンドがあった。たくさんありすぎて、似たような音がある時期に氾濫していたという事実はあったのだと思う。それが人々に飽きられたりもしたのだろう。でもオレは飽きたりはしなかったけどね。

似たような音ではあっても、決して同じ音はない。そこにはプレイする人間のパッションが表れるからね。同じような音使いであっても個性はでる。ホワイトライオンというバンドがあった。オートグラフというバンドがあった。サイゴンキックというバンドがあった。TYKETTOというバンドがあった。ライオンというバンドもあった。それぞれに個性的な音があったと思う。しかし、彼らは似たような音楽としてひとくくりにされ、時代に飽きられてしまった。曲に魅力がなかったのかもしれないとは思う。それでも、オレはあの音を愛していた。

それはさておき、Crazy Lixxというこのバンドの話だ。そう、音のフォーマットは、あの時代のあの音だ。でもここには耳を引きつけるメロディがある。音楽に傾けるパッションがある。音に刻み込まれた個性がある。なんとなくSKID ROWを思わせるような音ではある。曲によっては、WARRANT(?)を思わせるようなリフもでてくる。それは恐らく彼らのルーツなのだろう。

しかしそれでもなお、彼らの音には説得力があるのだ。耳を楽しませる音が存在しているのだ。オレはこのバンドの音が好きだ。そして彼らもこの音が好きなのだろう。好きじゃなかったら、今時、こんな音楽やってないだろうと思うよ。でもそれだけじゃなく、質の高い音楽をやっていると思う。そこはやっぱり、好きなだけじゃ人を楽しませることはできないよね。演奏技術しかり、作曲能力しかり。少なくても、オレを楽しませることはできてる彼らは。

オレはこういうタイプの音が好きなんだもん。曲と、そして演奏。音楽に、ほかに何がある?


 

ラベル:Crazy Lixx
posted by くろめがね at 03:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メール友達を作って毎日がHAPPY♪トモコミュなら制限なしにいくらでも友達がつくれちゃう!!メール友達なら直接会わなくていいから安心☆そのまま仲良くなれば付き合っちゃうことも…♪
Posted by メール友達 at 2011年05月02日 02:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。