2009年10月25日

おいらはやっぱりメタル者

こんばんわ。くろめがねです。ハードロックとヘビーメタル専門ブログへようこそ。

ここんとこ、若干、メタルから離れ気味の生活を送っておりました。

でもしかし、やっぱりオレはメタル者であります。iPodで久しぶりにMetallicaとか、MegadethとかIn Flamesとか聴いたらやっぱりいいです。メタルは気持ちいい。

Metallicaは、Death Magnetic。
Megadethは、United Abominations。
In Flamesは、A Sense Of Purpose。

なんでメタルはこんなに気持ちいいんだろう?ガシガシくるリズムと音がたまらない。

きっと、このリズムが身体に反応するのだろう。

トンがった音が、オレは好きなんだ。

頭じゃなくて、身体が反応するんだ。

メロウな音楽も好きは好きなんだけど、アグレッシブな音が大好きなのはオレ。過激なビジュアルが好きなのもオレ。ノーマルなんてつまらないと感じるのがオレ。アブノーマルを愛するのがオレ。トガったものが好きなのがオレ。アンユージュアルなものが好きなのがオレ。凡庸なのを激しく嫌うのがオレ。

当たり前じゃつまらないと感じるのがオレ。いつも刺激を求めているのがオレ。小さくまとまるよりも、大ぼら吹いて花火打ち上げたいのがオレ。

どこまでいってもヘビーメタルに愛を感じるのがオレ。


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
posted by くろめがね at 02:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

YouTubeで初音ミクの素晴らしき歌声を聴く

おはようございます。ハードロック&ヘビーメタル専門ブログ「音楽と生活」のくろめがねです。

本日はまたまたヘビーメタルから離れた話題なんですが、YouTubeですごいの見つけたのでこれはぜひともご紹介しなければ。

初音ミクのパフォーマンスですが、これはすごいですよ。

初音ミクと鏡音リン・レンの3人での輪唱なのですが、これはすごいですよ。どうやって考えたんだこんなの。

これは解説なんてできません。とにかく聴いてみて欲しい。聴けばわかる。


posted by くろめがね at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

雪見だいふくが動画を募集するコンテスト

小倉優子がCMやってるロッテのもちもちアイス、雪見だいふくが動画を募集するコンテストをやってます。
http://cmtown.itp.ne.jp/cm_contest/lotte_001/index.html

賞金は10万円。

一発狙うか。
posted by くろめがね at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バレエダンサー中村祥子

今、テレビでベルリン国立バレエ団のトップダンサー、プリンシパル中村祥子のインタビューをやっていた。

オレはバレエのことなんか何も知らないけれど、彼女の踊りは確かに心を惹きつけるものがあった。何の知識も前提もなく、ただ、それを見ているだけで感じさせるものがあった。踊ることの表現力。あふれ出るもの。伝える力。

それは確かに技なのだろうけれど、技を超えて気持ち、というか、生きざま、というか、覚悟、というか、思い、魂、生き方、志、なにかうまくいえないが、強い力を感じた。それは理想を目指す気持ちか。生きる意志というのか、ニーチェの言う権力への意志か。

彼女の踊ることに対する強い希求の念が伝わってくる。

その中村祥子が語った言葉で印象に残ったのが、「あきらめない」という言葉。あきらめずに粘り強く努力を続けること。

それは言葉にすると、当たり前のような言葉であるが、それは重い。

あきらめたら、確実にそこで終わる。あきらめなければ、そこには例えわずかでも可能性がある。そこには希望がある。未来がある。

その言葉に「何か」を感じた。

そしてさらに。

彼女はバランスをギリギリのところまで引っ張ると言う。ギリギリのところまでバランスをこらえる。ギリギリまで粘ることで、何かを伝えたいと言う。表現に奥行きを与えると言う。それは思いを込めるということか。限界ギリギリまで追究することで初めて見えるものがあるということだろうか。

そして、また中村祥子は、踊るたびに違う踊りを踊ると言う。ほんの少しずつタイミングを変えたり表現を変えたりして、毎回、調整するのだそうだ。それは音楽でいうと、毎回、少しのアドリブを交えるということだろうか。正確にベストを目指すというよりは、その瞬間その瞬間の自分を表現することを目指す。自分を試す。或いは遊ぶ。そのフィーリングは、ロックっぽい。

さらに、踊りはスポーツと違って、ゴールがないという。スピードのみを競う訳ではない。ちょっと違う表現をすればいい。自分らしい表現を加えると、少し何かが変わる。そうしてちょっと変えることで、そこから次の可能性がバーっと広がる。その広がった所からさらに新しい可能性が広がる。それは自由であり、際限のない世界。そこにはきりがないけれど、それが楽しいという。どこまでも自分を追求すること。時間がいくらあっても足りない。どこまでも追究する。

すごいね。すごい人だね。

だけど、深く共感した。

それにしても、踊りというものも今でも進化続けているんだね。新鮮だったもの。新しい可能性を追求してることがわかったもの。まさしく、限界ってもんはないんだね。自分で限界つくらない限りは。

自由。そして可能性。すばらしい言葉だね。
posted by くろめがね at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

運は強い

昨日の夜。会社帰りに駅に向かう途中、iPodで音楽聴こうとしたらイヤホンの右のイヤーパッドがとれてなくなってた。

Boseのイヤホンでパッドが特殊な形なんでないと聴けない。

下に落ちてないか見たけど、ない。歩いた道を戻りながら、下向いて路面探して10メートルほど引き返してみた。

イヤーパッド小さいし、路面は暗くて見えにくいし、どこで落としたのかもわからないしで。

ムリだなーと思って諦めようとした時に、探し物を発見!

超ラッキー!チョー嬉しい。まだまだ運があるなオレには。
posted by くろめがね at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

CONFESION 〜告白〜

こんばんわ。ハードロック・アンド・ヘビーメタル専門ブログのくろめがねです。

今日は私の秘密を告白します。

ヘビーメタリストの私は実は、倖田來未のキューティーハニーが大好きです。

正確に言うと倖田來未の「キューティーハニー」のプロモーションビデオが好きなんです。

なんだか知らないけれど、ものすごい好きなんですよ。

理由はわからないけどすごい好き。超好きなんです。

ピンクのホットパンツで踊ってるのがなぜかスゴイ好き。

何回見ても飽きないんですよ。
posted by くろめがね at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。