2012年08月14日

JETTBLACK "Raining Rock"

こんちは。くろめがねです。ハードロックとヘビーメタル専門ブログの「音楽と生活」へようこそ。

さて、本日ご紹介するのはイギリスの新人メタルバンド、JETTBLACK。

メタルなんだが、かなりハードロックよりな感じ。かなり骨太なロックンロールが根っこにあるような感じだ。

ベースラインのうねり具合がオレ好み。

ギターはなかなかテクニカルでメタリックで今風ではあったりするので、このサウンドの骨太で本格的な印象を与えているのはきっとガッチリしたリズム隊なんだろうきっと。

そしてこのバンド、ボーカルの声が好きだ。少しハスキーで、ちょっとEUROPEのジョーイ・テンペーストや、CINDERELLAのトム・キーファーとか、或いは初期のボン・ジョビに似てるかな。時々、デビッド・カバーデールに似てるとこもある。曲によってはW.A.S.P.のブラッキー・ローレスを思わせたりもする。いったい、どんなボーカルやねん!?って感じだけど、なんか、そういうしゃがれた声なのよつまり。このボーカルには歌いまわしにちょっとブルース風味が感じられるんだ。声を絞り出すような感じというか。好きだなこのボーカル。

それと、曲の構成がシンプルなのもいいな。あんまり曲をこねくり回したりしていない。基本的にはリズム隊のグルーブと、リフと歌のメロディで勝負の楽曲だ。オレはメロスピとかも好きだけど、でもロックの基本はシンプルが一番だと思う。例えて言うなら、初期から中期にかけてのハードロック時代のゲイリー・ムーアの曲のような。ゲイリーの曲って、シンプルだったと思うのだ。レインボーとか、マイケル・シェンカーの曲と違って。

レインボーって、案外、ギターリフって曲の中心ではなくって、印象に残るメロディではあるんだけど、歌が始まるとリッチーほとんど弾いてなかったりして。ベースとドラムとキーボードがバッキングしてて、ギターは要所要所でちょろちょろオブリガート差し挟んでるイメージあって。で、シェンカーは逆にリフ命で、とにかくリフで構成してくるし、歌のバックでもとにかくリフが鳴ってるイメージがある。

ゲイリー・ムーアの場合、リフはリフであるんだが、シェンカーほどリフ命ではない。どちらかというとリフはリフでもリッチーに近くて、印象的なメロディーをテーマとして弾いてるような感じだ。そしてキーボードへの依存がない分、ロックンロール的なイメージがあるんだと思う。

で、話しは戻ってJETBLACKだが、彼らの曲にはどこか、RATTを思い出させるものもある。なんだか、いろんなバンドを連想させるのだな彼らは。とはいえそれはSTEEL PANTHERほど露骨ではない。いろんな要素をもっているのだと好意的に受けとめよう。

なにしろ、JETTBLACKというバンドは本格派な雰囲気をまとっているんだ。このバンドの骨太な感じはいかしている!
 
 
ラベル:JETTBLACK Raining Rock
posted by くろめがね at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月04日

胸をかきむしるようなエモーショナルな曲といえば

いらっしゃいませ。ヘビーメタル&ハードロック専門ブログ、くろめがねの「音楽と生活」へようこそ。

さて、胸をかきむしるようなエモーショナルな曲。慟哭の歌といえば。私にとっては、ブルース風味な曲がそれ。泣きがはいるようなエモーショナルな歌。

まず一曲目は、もとモーターヘッドのギタリスト、ファスト・エディ・クラークのバンド、FASTWAYのセカンドアルバム"All Fired Up"収録の曲。"Hurtin' Me"。まさに涙ちょちょぎれるような曲だ。リフやリズムは極めて単純な、シンプルな曲だが、この曲の魅了はデイヴ・キングの歌だ。どっしりとしたリズムで典型的なブルースの展開の中で、なんていうか、気持ちの入ったデイヴの歌は胸に染みてくる。オレは好きなんだ。こういう曲。この上なくシンプルで、それゆえに生な人間というか、ミュージシャンシップというか、気迫というか、魂がさらされるような気がする。

続いては、曲調としては似たような感じなんだが、CINDERELLAのこれまたセカンドアルバム"Long Cold Winter"のタイトル曲。これが泣きはいるんだまた。これもブルースだし、シンプル。アルバムの他の曲とは異なる雰囲気だ。しかし胸を揺さぶるという意味では、突出している。これもまた、歌が肝なんだろうな。実に泣ける。

そしてもうひとつ。前にも書いたが、BLUE MURDERのデビューアルバム"Blue Murder"収録の"Out Of Love"。この曲はとにかくもう、理屈じゃなくて胸に迫ってくる曲だ。エモーショナルに締め付けられるようだ。これは、歌の上手さというよりは、メロディの運びなのかな。よくわかんない。泣きが強烈過ぎて分析できない。とにかく泣きまくりの曲だ。
posted by くろめがね at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

BLUE MURDER "Blue Murder"

本当のエモーションを聴きたいなら”Bule Murder"を聴け。

エモーションが詰まっている。

ジョン・サイクスの作曲能力が思いっきり発揮されている。

このアルバムにはエモーションがある。魂を鷲づかみにするような。

ボーカルが素晴しいと思う。実にだ。

そしてこのアルバムの6曲目、"Out Of Love"に泣け。

名曲だ。

この曲はこのアルバムを代表する。いや、ジョン・サイクスのキャリアを代表する名曲だ。

この曲を、心の底から歌いきれるなら死んでもいいと思えるほどに狂おしい曲だ。この曲を愛することができる自分の事を誇りに思う。

エモーションの何たるかを教えてくれる曲。

この曲を、オリジナルを越えるくらいのリアリティで歌ってみたいものだ。エモーショナルなのだ。

アルバムの出来もよい。

だが、"Out Of Love"という曲の胸をかきむしる度はハンパではない。

一時期のジョン・サイクスは、確かにミューズに愛されていたのだろう。神に近い存在だったのに違いない。

ブルーマーダーは真によい作品である。

音楽の神はいるのだと確信させるような音である。
 
 
サイクスの後の作品には、これ程の神懸かりはついにない。
 
 


ラベル:Blue Murder Jhon Sykes
posted by くろめがね at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

DYNAZTY "Sultans Of Sin"

スウェーデンの新人バンドの2枚目。

活きのいいバンドの新作です。勢いのあるLAメタル風ハードロック。前回の記事で書いたKISSIN' DYNAMITEにも近いサウンドだな。ボーカルの声がそれぞれのバンドの印象をつくってるとは思うけど、サウンドスタイルはとても近い。

メロディにも割りと哀愁あって、耳をひく。

デビューアルバムの前作、"Knock You Down"も以前紹介しましたが、今作もまた期待を裏切らないいいデキ。長年書き溜めた曲の中からベストな曲を集めてデビューアルバムをつくった後の2作目は短期間でつくらなきゃいけないんで、しょぼい作品になりがちというジンクスもなんのその、これはバンドの勢いを持続したいい作品です。

ドライブ感があって、なおかつ曲が類型化してなくてよく頑張ってる。緩急もあるし。

このバンドはベースがいい感じだな。ギターもセンスいいし。

ルックスもいいし、こういう若手に期待したい。

そういえばこのバンド、前作はかなりネットで広告出しててかなりプッシュしてる感があったんだけど、売れたのかな?どうなんだろう?今の日本で、メタルの音楽で広告と売上げって関係してるのかなあ?メタル界にはルックスでプッシュできるバンドが少ないから、その線で若い子向けに露出させてみましたって感じなのかな?

ま、見た目も大事だから。それが全てじゃないにしてもね。
ラベル:DYNAZTY
posted by くろめがね at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KISSIN' DYNAMITE "Money, Sex & Power

こんばんわ。ヘビーメタル&ハードロック専門ブログ「音楽と生活」のくろめがねです。

本日ご紹介するのは、Kissin' Dynamiteの”Money, Sex & Power”というアルバム。

いかしたロックンロールバンドです。これが3枚目のドイツの若手。

80年代LAメタル風の音を聴かせてくれます。SKID ROWを連想させる音。ボーカルの声質はちょっとGuns’ N’ Rosesのアクセル・ローズに似てるかも。結構、特徴のある声。ボーカルメロディは低音も使っててレンジは広い。

キャッチーでノリのいいロックンロール系メタル。ちょっとAC/DC入ってるかも。ほんとに80年代風なサウンドだな。WIGWAMなんかも
思わせる感じ。でも古臭い感じはしない。ギター、ベース、ドラムが一体となった、HOTなバンドサウンド聴かせてくれます。たぶん、ライブの場数も踏んだ、こなれたバンドなんだろうな。曲もフックがあってイケてます。

そういえば、POODLESなんかにも近い感じあるかも。ボーカルの低い声が似てるのかな。曲がキャッチーなのは何より大事だ。
posted by くろめがね at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

Black Stone Cherry "Between the Devil and the Deep Blue Sea"

こんにちは。ヘビーメタルとハードロック専門ブログ「音楽と生活」へようこそ。

Black Stone Cherryというバンド。大好きです。すごくいい。ボーカルの声がとても太くて個性的。存在感がある。情感もたっぷり。カッコいい。

曲はヘビーメタルというよりは、ロックンロールよりのハードロックな感じ。なんだけどかなり重い。ヘビーです。でも歌にはメロディがあって、決して単調ではない。ヘビーなギターリフにもグルーブがありあり。

いいバンドだよなぁ〜。

"Between The Devil & The Deep Blue Sea" というこのアルバムは Black Stone Cherry の3枚目なんだけど、過去の2枚もよいです。お気に入りです。なんていうか、とにかく音が太いんだよね。ごつごつしたROCKって感じ。ワイルドというか。

とても個性的なサウンド。
 
posted by くろめがね at 11:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

THE ANSWER "412 Days Of Rock'n'Roll"

こんばんわ。ハードロックとヘビーメタル専門ブログ、くろめがねの「音楽と生活」へようこそ。

オールド・ロックンロールバンドのTHE ANSWER。これまでデビューから2枚のアルバムは買って聴いてるんだけど、なんかいまいちだったのよ。

でもこれ。この"412 Days Of Rock'n'Roll" というアルバム。いいぜ。いいよいいよ。グッとくるよ。ライブは全然いいよ。

すごくいい。ライブバンドなんだなこいつら。スタジオアルバムとは全然違う。ライブのノリノリ感がビシバシ伝わってくる。なんでこんなに違うんだろうって思うよホント。

シンプルなロックンロールはハートにくる。揺さぶられるよホントに。このビートがオレを酔わせるんだ。夢中にさせるんだ。オレのハートをわしづかみにするんだよな。こういうロックンロールを聴きたいんだオレは。

スタジオ録音なんて、音をいくらでもいじれるのに、ライブの方が全然いいなんて、なんて不器用なんだろうこいつら。でもいいぜ。ライブバンドってカッコいいぜ。ロックンロールっぽくっていいぜ。ライブのが勢いあっていいぜ。

こいつら、ちょっとツェッペリンっぽいところもあって。それもいい。初期のツェッペリンだな。

いかしたロックンロールは最高だ!
 
 
posted by くろめがね at 01:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

THE TREATMENT "This Might Hurt"

こんばんわ。ヘビーメタル アンド ハードロック専門ブログ、くろめがねの「音楽と生活」へようこそ。

本日のご紹介は、イギリスの新人、THE TREATMENT。

これが実にいい! オレのツボにドンピシャ! ハードドライビンなロケンローだ。ザクザクするギターとちょっとしゃがれたボーカル。実に気持ちいい。メタルというよりロックンロールだな。すごく勢いがあってのれる音楽だ。

なんていうか、70年代ハードロックの香りがある。音楽としての雰囲気としては、BLACK STONE CHERRY に似てるかな。或いは、”Shake Your Money Maker”の頃のBLACK CROWS とか。ROADSTARとか。

この音はメタルじゃないんだな。ハード・アンド・ヘヴィなロックンロール。う〜ん。オレ好みだ。BAD COMPANY をヘヴィにした感じというか。HUMBLE PIE を現代的にしてみたみたいというか。好きだなぁこういうの。このノリは問答無用でもっていかれる感じだな。

基本的にはロックンロールをベースにしているはずのLAメタルとも感触が違う。このノリ、このグルーヴはやっぱりハードロックというべきものだ。ギターのリフがメタルとは違う。ベースのランニングもメタルじゃない。

こいつらスゲェぜ。古臭いロックンロールを見事に現代に甦らせてる。こういうの聴くとオレは血が湧き肉が踊る。スリリングな音だと思う。こういうの好き。クラシックの要素の入ったメタルも確かに好きだけど、こういうロケンローには抗えないような魅力というか魔力がある。

ロックンロールは身体が反応する音楽だ。本能が反応するんだ。なんか、根源に触れるリズムというものがあるんだと思う。音楽というものはどこか底の方に触れるものがある。根底を揺さぶるものがあるんだ。

だがらオレは叫ぶ。

Long live Rock'n'Roll!
 
 
posted by くろめがね at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月31日

EUROPE "Seven Doors Hotel"

どーもどーも。くろめがねです。ヘビメタ専門ブログを書いています。

さるブログをきっかけに、ヨーロッパの「セブン・ドアーズ・ホテル」のライブ映像をYouTubeでいろいろ観ちゃいました。懐かしいですね。1984年くらいですかね。

日本人のカバーや、ご本家のライブ映像とかいろいろ観たんですけど、ご本家の1984年とか2008年とか観た中では2004年のこの映像が一番いいですね。音がクリアなのもポイントではありますが、バンドのパフォーマンスとしてもこれがボーカルもギターもドラムも、ノリがあって一番です。若い頃よりもむしろいい感じがします。デビューから20年もたってるわけですけども。

http://www.youtube.com/watch?v=krCar_-5mbk&NR=1



posted by くろめがね at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DYNAZTY "Knock You Down"

おはようございます。ヘビーメタル・アンド・ハードロック専門ブログ「くろめがねの音楽と生活」へようこそ。

さて、スウェーデン出身の4人組、DYNAZTYというバンドの"Knock You Down"というアルバム。これいいですねえ。LA METAL風なハードロック。音楽に勢いがあります。雰囲気としては、SKID ROWのファーストアルバムに近いかな。ダイナミックでエネルギッシュなハード・ロックンロール。

歌がメロディアスですよ。曲のバラエティもいい感じにあると思うな。ギターの刻みもなんか勢いあって、スリリングなドライブ感を生み出している。ギターソロもなんか、いい感じに聴かせるものがある。センスがあるんだと思う。耳を引くキャッチーさがあるなぁ。結構、テクニカルなフレーズを挟みこんでるんだけど、テクニックに走ってる訳じゃなくて、ちゃんと聴かせるメロディを奏でている。

ベースもまた、ギターとは違うラインを弾いていてロックンロールのボトムラインを引っぱっている。シンプルだけど。やっぱりセンスなんだろうな。別にどうってことないベースラインだけど、カッコいいっていうのは、センスとしかいいようがないよね。


この勢いのあるドライブ感ってゆうやつは、やっぱりバンドが持ってるタイミング感ていうか、一体感のしろものなんだろうな。リズムのタイミングがシュアーでタイトなんだと思います。このバンドのまとまり感、一体感ていうやつは、ケミストリーというしかないだろう。それぞれのパートがピッタリはまってひとつになって突き進む。そんな感じ。

ボーカルも声に特徴あって、なんていうか、金切り声っていうか、澄んだ声ではなくて、荒っぽい声というか、例えばエアロスミスのスティーヴン・タイラーとかモトリークルーのヴィンス・ニールのように、決して美声ではないけど、ちょっと引っかかりのある特徴のある声質。高音もでるし、バンドの音楽にマッチしているな。

アレンジに関しては、勢いだけで突っ走るんじゃあなくって、展開のバラエティをだすように考えてつくってると思う。

これはいいバンドですよ。お勧めです。
 
 

posted by くろめがね at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。